瞑想空間

メニュー

閉じる

ELMとは ELMとは

ELMとは

ELM瞑想は、現在急速に起こっている地球の集合意識の変容に対応するために、フルフィルメント瞑想をアップグレードさせたものです。
現在多くの人たちが、肉体的な問題、生活状況の急激な変化などの多くの試練を経験し、不安の中で生きています。世界の状況を見回すと、様々な混乱、自然災害、社会の闇の表面化、古い価値観の崩壊が起こっていますが、そういったすべての事柄が、世界がより良いものへと変容し、地球が本来持っている自然のバランスを取り戻すために起こっています。
教育、ビジネス、政府を含む私たちの惑星の全てのシステムは、エゴやマインドによるコントロールから量子的意識に適応する必要があります。
ELM瞑想は、私たちが未来に対して選択を下す方法を変化させて、私たちのハートの内側の宇宙の量子的意識を、愛と慈悲、叡智の高次の次元へと開く助けをしてくれます。私たちがその変容の大きな波にスムーズに適応していくために、ELM瞑想は最善のツールとなるものです。
私たちの心や体には、長年にわたって蓄積されたストレスや未消化の感情があり、それによって、身体的またはメンタル的な障害を引き起こします。
また私たちは、思い込みや固定観念によって、常に独自のフィルターを通して現実を認識してしまい、人生の可能性を制限してしまっています。マントラと呼ばれるエネルギーのバイブレーションに身をゆだねて座っているだけで、心や体に長年蓄積されていた摩擦や抵抗、過去の感情や観念が自動的に解放されていきます。
瞑想中の体験には、個人差があります。純粋な静寂などの体験をすることもありますが、不快さや雑念のみを経験することもあります。
しかし、瞑想中の体験に関わらず、常に基礎代謝が16~20%減少し、肉体的にも深い休息をもたらし、肉体と心のバランスを自動的に整えていきます。
この瞑想で活用していくマントラ(愛のフォース)は、この宇宙の源である空・くう(量子場)が振動して電気的なエネルギーを帯びたものです。
このエネルギーを活用することによって、私たちの存在を構成する様々な層である物理的肉体(先祖から伝わるDNAの記憶)、感情体(古い感情の層)、メンタル体(価値観や信念)、記憶体(魂が持つ様々な記憶)に蓄積されたネガティブなバイブレーションを解放していき、新しい現実の周波数へと調律してくれます。
宇宙全体が持つ流れと共鳴することによって、個人的に満たされた人生が実現していきます。
その結果、よりシンプルにより自然体で日常を楽しんでいくことができるようになります!

効果

ELM瞑想(エターナルラブ瞑想)はどんな人でも特別な努力を必要とせず、一度学べばいつでも簡単に実践できるシンプルなものです。
瞑想を始めると結果は直ちに現れて、日々の実践の中で蓄積されていきます。
通常1日2回30分の瞑想を行うだけで、以下のような効果があります。

☆ストレスを減らし感情が安定します。
☆高血圧、循環器系、心臓疾患を改善します。
☆老化のプロセスを軽減します。
☆創造性を高め、仕事や勉強の効率を高めます。
☆家族や周囲との人間関係が劇的に改善されます。
☆周りの状況に振り回されず、自分軸で人生を楽しめるようになります。
☆同時に自分の人生の状況が周囲の状況と調和がとれてきます。

マントラの伝授

マントラとは、この宇宙の根源である 空・くう(量子場)が振動することによって生じる電気的なエネルギーを帯びたバイブレーションです。
このマントラこそが、宇宙に存在するあらゆるものの創造の源です。
そして太古から伝わる特定の方法を使って伝授することで、これらのマントラを私たちの中にエネルギーの種のように植えることができるのです。
そのマントラを瞑想に活用することで、宇宙へと同調していきます。
マントラが発生する量子場(quantum field)はあらゆる摩擦から自由な場であるため、マントラの力によって私たちの体や心が量子場へと浸されると、あらゆる不調和や摩擦が解放されてゆきます。
バイブレーションの違いにより様々なマントラが存在し、それぞれに特徴的な効果がありますが、ELM瞑想では主に4つのマントラを活用していきます。
一度マントラを受け取れば、それは決して失われずに存在しどんな時にでも瞑想に利用することができます。マントラを伝授するためには、伝統的にプージャと呼ばれるセレモニーを行い、マントラのエネルギーを伝授を受ける人にダウンロードしていきます。

マントラ伝授

ご予約・お問い合わせ

※ご予約・お問い合わせは、下記の電話もしくは
メールでお問い合わせください。

メールアイコンメールでのお問い合わせ

ご予約・お問い合わせ

※ご予約・お問い合わせは、下記の電話もしくはメールでお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ